債務整理中でもお金借りれる?勤務先連絡在籍確認は

債務整理中でもお金借りれる?勤務先連絡在籍確認は

債務整理中でもお金借りれる?勤務先連絡在籍確認は

特別な条件下にある場合には、債務整理中であってもお金借りれるところがあります。そもそも、債務整理というのは負債を整理することを意味しますので、この状態になっている人は借金を多く抱えていることを意味します。本来なら箱のような状況下でお金を借りることは不可能なのですが、特定の条件下である場合には債務整理を利用している場合にもお金を借りることができるということを知っておきましょう。

 

では、その特定条件かというのはどのような条件なのでしょうか。それは、消費者金融から過去にお金を借りて過払い金問題に巻き込まれてしまった場合です。過払い金問題の解決の時には必ず債務整理を使わなくてはいけませんが、過払い金問題の際に債務整理を利用することは信用情報に傷をつける行為ではないので認められているということを理解しておきましょう。

 

なぜ過払い金問題では債務整理を利用したとしても問題にならないのでしょうか。それは、過払い金問題が本来は消費者の日によって発生しているトラブルではないからにほかなりません。債務整理を利用しなくてはならない字状の殆どは、その原因を消費者が作っていることが大半です。消費者の都合によって借金を作ってしまい、その借金を返済することができなくなってしまうので債務整理を利用します。債務整理というのは消費者を救済するための法律であるためこの手段を利用するとその名前のとおり債務を整理することが出来ます。

 

債務を整理するというのは、つまり借金を現状の状態から改善するということを意味するわけです。例えば、抱えている借金が100万円程度あった時には債務整理を利用することによってこの債務を50万円程度にすることも出来ます。中には債務整理を使うことによってすべての借金をなかったコトにもできるのです。このような消費者にとって都合の良い手段を使うことになるわけですから、当然消費者側もそれ相応のリスクと責任を背負わなくてはいけません。その責任として背負わされるのが信用情報に対する記載なのです。

 

信用情報は、融資の審査の際に必ず参考にする借金に関する情報のことを意味します。信用情報はそれを管理する機関によって全て管理されていて、消費者金融は簡単な紹介の依頼をすることによってこの情報を閲覧する権利があります。そして、この信用情報の情報を精査することによって簡易的でかつ確実に相手の信用性を判断することが可能になるのです。ですから、信用情報に借金の情報で不利なことが書かれているとそれだけでお金を借りることが難しくなります。

 

債務整理中にお金を基本的に借りることが出来ない理由は上記のためです。債務整理を利用すると信用性に傷がつきますので、これによって消費者の融資の権利が制限されます。しかし、過払い金問題というのは先程も述べた通り消費者の日によって生じた問題ではありません。根本的な原因がお金を貸す消費者金融にあるわけですから、この問題解決の際に債務整理を利用することは消費者にとって何も悪いことはないはずなのです。

 

言い換えれば、過払い金問題に関しては被害者は消費者金融ではなく消費者本人になるのです。消費者は契約通りにお金を返済していただけであるため、これに関して法律的な欠陥があったために過払い金問題は発生します。この責任は100%消費者金融にありますので、過払い金問題に関しては債務整理に関する情報を信用情報に記載することは基本的に許されていません。

 

実際に、消費者が信用情報に過払い金の解決のために債務整理を利用したことが書かれてしまった時にはこの情報を削除することを求めることが出来ますので、過払い金で債務整理中である場合にはお金を借りることができる可能性が十分にあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ