親子ローン種類と利用方法について

親子ローン種類と利用方法について

親子ローン種類と利用方法について

親子ローン種類と利用方法について

親子ペアローンと親子リレーローンとの2種類があるのが、親子ローンというものです。

 

親子リレーローンは、最初は親が住宅ローンを返済し、途中で子どもが返済を引き継ぐというものです。

 

実際に親子リレーローンを組むために必要なのは、子が親の連帯債務者に、親子が同居するという前提でなることです。

 

子どもの収入も合算して、親の収入の範囲ならローン審査を受けることが可能なことが、親子リレーローンの利点です。

 

家族全員で新しい家に住むことも、親だけ、子だけでローンを組む時よりも借入金を増やすことが可能なのでできるかもしれません。

 

住宅金融支援機構のフラット35で取り扱っている親子リレー返済が人気です。

 

それぞれ親と子が融資を受け、同じ家を買う資金にするというものが、親子ペアローンと呼ばれるものです。

 

親子ペアローンでは、子が親の、親が子の連帯債務者になります。それぞれ親と子が単独債務者になって返済をするのが、リレーローンと異なる部分です

 

ふつうのローンより高額の借り入れが可能なのは、ペアローンの場合も、それぞれの収入によってローンを利用することができるからです。

 

もうひつの利点が、親子共々、固定資産税を軽くすることができるということです。

 

それぞれの特徴を踏まえて親子ペアローンと親子リレーローン、どちらがいいかをしっかり検討しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ