親子ローン種類と利用方法について

親子ローン種類と利用方法について

親子ローン種類と利用方法について

親子ローン種類と利用方法について

親子ペアローンと親子リレーローンとの2種類があるのが、親子ローンというものです。

 

親子リレーローンは、最初は親が住宅ローンを返済し、途中で子どもが返済を引き継ぐというものです。

 

実際に親子リレーローンを組むために必要なのは、子が親の連帯債務者に、親子が同居するという前提でなることです。

 

子どもの収入も合算して、親の収入の範囲ならローン審査を受けることが可能なことが、親子リレーローンの利点です。

 

家族全員で新しい家に住むことも、親だけ、子だけでローンを組む時よりも借入金を増やすことが可能なのでできるかもしれません。

 

住宅金融支援機構のフラット35で取り扱っている親子リレー返済が人気です。

 

それぞれ親と子が融資を受け、同じ家を買う資金にするというものが、親子ペアローンと呼ばれるものです。

 

親子ペアローンでは、子が親の、親が子の連帯債務者になります。

 

それぞれ親と子が単独債務者になって返済をするのが、リレーローンと異なる部分です

 

ふつうのローンより高額の借り入れが可能なのは、ペアローンの場合も、それぞれの収入によってローンを利用することができるからです。

 

もうひつの利点が、親子共々、固定資産税を軽くすることができるということです。

 

それぞれの特徴を踏まえて親子ペアローンと親子リレーローン、どちらがいいかをしっかり検討しましょう。

 

 

クレジットの分割払いでの返済方法

 

どんな返済方法を選択するかは、クレジットカードを使う時に重要です。基本的には一括での返済を選ぶ人が多いですが、分割払いでクレジットカードを利用する人も多くいます。リボルビング払いは使いすぎにつながるので分割払いを利用しようという人も多いといいます。

 

確かに分割払いはクレジットカードを使うたびに返済金額や回数が決まるので、繰り返しショッピングに利用すると1回あたりの返済額がどんどん上乗せされていきます。

 

クレジットカードの使い過ぎは自分が苦しいばかりなので、抑止力が働くというわけです。

 

リボルビング払いで返済をすると、月々の返済金額が一定額以上にならないので、つい軽い気持ちでカードを使ってしまいます。

 

分割払いと一括払いの返済金額を比べると、借入額が同じでも、分割払いの方が利息分は返済金額が多くなってしまいます。

 

クレジットカードの決済料金を分割で支払う場合は、アドオン方式で手数料を計算します。

 

アドオン方式とははじめのクレジットでの借入金は減少しないものとして計算するものです。アドオン率を実質年率に計算しなおすと驚くほどの高金利になる場合があるので注意が必要です。

 

日々の生活を豊かにしてくれるクレジットカードですが、手数料についても認識を深めておくことです。

 

どんな返済方法が望ましいかは人によって違いますが、借入金にできるだけ手数料かプラスされないようにすることで、返済の負担を軽減できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ